CLIMB WOODS理事長挨拶 「人が出逢えば誰かが救われる」

きっかけは代表を務めるメンバーがスポーツ界の従事者である事から常日頃、部活などを含めた地域スポーツの置かれている現状について憂い、何か力になれないかを模索し始めたことでした。

部活やクラブでの指導における問題、
地域総合型クラブの行き詰まりや、トップアスリートのセカンドキャリア問題など、
数々の問題を抱えている地域スポーツ界の現状をどうにかできないかと考えている中で、
設立に向けて更に気持ちを固めるきっかけとなる出来事が起きました。
私たちの住む地域で全く想像もしていなかった、幼児虐待を疑われるような出来事が目の前で起きたのです。
事件にはならなかったものの、いまでもそのお子さんが心配で仕方ありませんし、自分たちの住む地域でそのような出来事がある事にショックを受けました。
またそこに機を同じくして、2011年の震災による買い占め、緊急時の高齢者問題など地域コミュニティの希薄さを改めて実感する出来事が重なりました。
もっと地域に繋がりがあり、人の顔がわかる地域ならば上記のような事も起らないのではないか?
可能性は低くとも、あのお母さんがもし何かしらのスポーツが大好きで地域に気軽に通える場所があればもしかしたら・・。
そんな事を想像する度に地域におけるコミュニティの大切さを痛感し、人と人が出会う事は様々な地域・社会問題の解決の第一歩なのだろうと確信を持つようになりました。

そしてきっかけはスポーツだけではなく、文化的活動もスポーツもまとめて「趣味」という大きい意味での「コミュニケーションツール」として捉え、それを活用することで人が出会う場所が増える。そしてそれを続ける事でより良い町づくりや子供達の育成等に繋がり間接的にでも「誰かが救われるかもしれない」ならばその活動をしたい、それが設立に向けて活動を始めたきっかけです。

しかしただ人が出逢えば良いだけはなく、一つ一つの活動の質や継続性もしっかり担保し、現在と未来でスポーツ、文化的活動に関わる人達も一緒に救われるような活動になるように、地域との在り方を見直し、様々な社会問題を解決していける新しい地域クラブの在り方の一つとして提案していけたらと考えています。

NPO法人CLIMB WOODS 理事長 広田 知孝

流通経済大学卒
2004年世田谷区駒沢にてバスケットボールショップ「Ryzm」をオープン。
2007年よりNPO法人ピボットフットにてバスケットボール教室のコーチとして活動。
現在もコーチ業を勤めながら責任者として大田区にて7教室を運営。
起業時より地域との関わりを大切にし、地元イベントに協力。
2014年より深沢中央商店会の副会長に任命される。
様々な人と地域の接点を活かして2013年より地域クラブ「クライムウッズ」を立ち上げる。
2014年法人格を取得、NPO法人CLIMB WOODS理事長に就任。


CLIMB WOODS副理事長挨拶 「夢や目標を持つことへ繋がるきっかけや成長のお手伝い」

クライム ウッズのお話を頂いた時、ちょうど自分の中で新たなチャレンジとして、スポーツを通して何か自分にできることはないだろうかと考え始めた時期でした。
そんな中で2020年東京五輪も決まり、更にスポーツの力に可能性を感じました。
自分自身も味わってきた
「スポーツの楽しさ、感動」「スポーツを通して溢れる色々な感情」
「スポーツを通して生まれる出会い。人と人との繋がり」「希望、勇気、元気、笑顔」
沢山の子供達に味わって欲しい。

そしてその中で夢や目標を持つことへ繋がるきっかけや成長のお手伝いが少しでもできたら嬉しいと思います。
アスリートのセカンドキャリアにも貢献できたら…。
そんな思いがクライムウッズのビジョンと重なり活動に参加するに至りました。

クライムウッズを通じて、皆さんが笑顔となりその笑顔が大きな輪となっていくことを願っております。

NPO法人CLIMB WOODS 副理事長 原田 裕花

小学校3年でミニバスケットボールを始める。山口県富田中学校・大分県藤蔭高校ではキャプテンとして活躍。
87年(株)ジャパンエナジー入社(現JX・ENEOS)。1年目から日本代表チーム入り。
二度の膝靭帯断裂という大怪我にみまわれつつも見事復活。カムバック賞を受賞。
日本代表キャプテンも務める。
アトランタオリンピック7位入賞の原動力となる。現在はバスケット教室や解説者として活躍中。
●主な競技歴
1986年 アジアジュニア選手権 3位
1987年 日本リーグ優勝 新人王獲得
1989年 オールジャパン優勝 日本リーグ優勝、カムバック賞受賞
1990年 シンガポールアジア選手権 3位
1992年 ソウルアジア選手権 3位
      オールジャパン準優勝、スティール賞受賞
1994年 広島アジア大会 2位、アシスト 第2位
1996年 アトランタオリンピックバスケットボール代表 7位入賞 (20年ぶりオンピック出場)
日本リーグ 優勝2回・オールジャパン 優勝2回
日本リーグ新人王 ベスト5・フリースロー賞・カムバック賞
ジャパンエナジーキャプテン、日本代表チームキャプテン
●ミズノアドバイザリースタッフ
●周南市市民栄誉賞
●周南市ふるさと大志
●山口県ふるさと大使
ブログ http://haradayuka.aspota.jp/


副理事長

NPO法人CLIMB WOODS 副理事長 望月 秀泰

1983年4月15日生まれ
Los Angeles Pierce College卒業。
帰国後務めた(株)リクルートHRマーケティングを退社後、「世界でバスケ」という活動を開始。
半年をかけてバスケットボールを持って世界一周し世界中の人とプレーする。
2010年からバスケットボールのコーチとして、様々なジャンル、カテゴリーを受け持つ。
また自身の経験から若年層からの英語や留学の必要性を感じ、子どもたちが積極的に世界に出ていける環境づくりも活発に行う。
ブログ http://hideyasu-mochizuki.jimdo.com/